ラグビーコーチ修行中

アクセスカウンタ

zoom RSS ノットストレートにペナルティ!〜白黒つける、白と黒のレフリー。

<<   作成日時 : 2013/09/05 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

トップリーグ始まりましたね!
全8試合観ましたか?!
私は早送りも使いながら、全部見ましたよ!

今年は2ステージ制で、最初から全開で激突ですな。
ほとんど接線で見ごたえあるゲーム、あっちゅー間に80分×8ゲームでした。

で、やはり注目は、新試験実施ルールの「スクラム」。
結構なじんでるように見えたけど、やはり適応力が違うのかね。


何より注目はタイトルの「ノットストレート」ですな。

TL開幕カード、サントリーvsNTTコミュニケーション戦。
レフリーは大槻卓さん。
   解説薫田さん、実況矢野さん。

開始7分、薫田さんの解説に、このようなお話が…

   矢「スクラムハーフがボールを投げ入れる、ノットストレート。これも厳しくなるんですね」
   薫「そうですね、一度目は昨年と同じようにフリーキック。」
     「2度目はペナルテキ及び警告。」
     「3つ目はイエローカード。」
     「4回目はレッド。」
     「真直ぐボールを入れて、
       お互いにコンテストを正当にしないさいという意図があるんですね」

先日の土居さんのより重みがあるなぁ(。やはりホンマかな)。
  しかし、土居さんのより厳しいじゃない…。


で、14分サントリーボールのスクラム
   SH:フーリー・デュプレア⇒ノットストレートでフリーキックをとられる。【サントリ一1回目】

61分、NTTコムボールのスクラム
   SH:鶴田諒⇒ノットストレート=FK。【コム1回目】

  
  さて、両チームに一度づつFKが出た。


この後74分
後半投入のコム/SH:西村渉⇒【2回目】ノットストレート⇒ペナルティ!



でた!
やっぱりそうかぁ〜!

薫田戦略室長が言うんだから、間違いないわなぁ〜。

これで白黒ついたか!?



レフリージャージ、白と青かと思ったら…

白と黒でしたな。

白かっこいいねぇ〜。

  問題は黒。

特に襟がオレンジなのは拙いんじゃない。
  トヨタvs織機  レフリー工藤隆太さん…

濃いイ緑にオレンジの襟のトヨタ、その黒レフジャーはまずいでしょう。
   …後半、白に着替えてましたな。





白黒ついたような、ついていないような…
  ※先日、色々知人レフリーたちに聞いたけど…まだ…。


岩渕さんに、薫田さんが言ったら、2回目=PKにするんじゃないの―なんて思うけど。


ま、これからも白と黒のレフリーに注目して観ましょうかぁ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
貴ブログいつも楽しく拝見しています。
今まで、スクラムでは自分ん家に入れていいルールだとばかり誤解していました(競技経験ない為観て覚えています→昨年まで皆真っ直ぐ入れないので)。

仰る通りの真っ直ぐ入れる場面を今年、秩父宮で観て、なるほどこれが本来のスクラムかあと思いました。

両チームの真ん中にボールが転がり、奪い合う為押しあってました。

初めて観ました!

今まで
SHの人は”1時”の角度に手前の仲間の足元目掛けて入れてました。

貴ブログに合わせ、現場でも同じ事が起きナルホドとそういうルールなのかと知りました。

最近では、また時計の”1時”の角度入れ増えてます。
レフリーもボール投入と反対側にいる(そうじゃない時・人もいますが)ので、角度は見えないはず。

ラグビーの中で、ホンネ(プレー)と建前(ルール)のギャップがある部分だなと思ってます。

時節柄、もうすぐプレーオフ。
そこで本当にノットストレート取るか・取らないか?
それがレフリー・協会のホンネかな。

こらからもいろんなルール解説楽しみにしています。







カワチャン
2014/01/23 18:28
 カワチャン参こんばんは。お久しぶりです!憶えていただいていましたか。
 私の時代は、フッカーは相手ボールに脚を出して、毎度毎度競り合ってましたよ。だから、ノットストレートはもちろん、脚を早く出す=フットアップも日常茶飯事でした。ご存知かもしれませんが、SHは最初に決めたほうであれば、1番側でも3番側でもどちら側から投入しても良いんですね。でも、自分家の2番が近い側から入れるのが一般的ですね。
 このときに注目された“ノットストレート”(それと2回目はイエローカードという説)も今や形骸化しているよような…。さらに、スクラム組んだ後、SHに「Yes」という投入の許可も見直されるとか。。。ルールが変わる時に、出番が多くなってただのルールオタクチックなブログですが、これからもよろしくお願いします。
クラッシックらがー
2014/01/23 21:32
クラシックらがーさん、ありがとうございます。
いつもこまめに拝見して楽しませて頂いていました。
ルール以外の回も面白いですね〜。

昔は真っ直ぐだったんですね。よく考えるとスクラム組んでいる状態で”足”だしてボールを自分ん家に掻くのって難しそうですね・・・。

ところで、貴ブログでルールの主旨を理解したケースが多いんです。
オーバーザトップ、ノットロールアウェーなどなど。
反則になる動作はルールブックで分かっても、なぜそれらの動作を反則にするのかはルールブックでは分からずにいたところ、貴ブログの名解説でよく分かりました。

そこで、更に名解説を頂きたくお願いが。
どうしてラグビーではマイボールを”真っ直ぐ入れる”のでしょうか?
クイックスローで味方に投げるプレー同様の方法が他競技では主流です。

せっかくのマイボール、”真っ直ぐ(相手との中間に)入れて・投げて”相手に捕られちゃうかもしれない・・・。やはり味方に投げたいところですが、どうして真っ直ぐなのか?と、
この部分がまだ理解できないです。

これが答えというものはないのかもしれませんが、通説みたいなものがありましたら
是非ご教示頂きたいです。
カワチャン
2014/02/01 01:02
 かわちゃんさん、こんにちは。
 ちょっとくすぐったいくらい、褒めていただきましてありがとうございます。書いている事が合っているのどうか、判らないながらもそれなりに勉強して書いています。
 ご依頼いただいた「真直ぐ入れる謎」。なんとなく解るような気もしますが、少し考えをまとめてから、記事にしてみたいと思います。こういう課題を頂いて、私なりの考えを書く。

 こういう課題頂くと勉強に成るんですよ〜。ありがとうございます。頑張ります!
クラッシックラガー
2014/02/01 11:16
ノットストレートの謎から、教えて頂いたスクラムでのフッカーの役割。面白かったです。

スクラムでの押す足が16本対15本か、15本対15本でいくかというのは気が付きませんでした。なるほどとともに目からウロコです。

ラインアウトも投げるし、特殊スキル必要ですね。フッカーは。

けど今は15本対15本なさそうですね。
カワチャン
2014/02/15 16:21
フッカーの事を教えて頂いたのでもう1つコメントさせて下さい。

ラグビーは縁の下の活躍というイメージが強いです。花形なウィングのトライも仲間のおかげと。

どれたげ縁の下かということで、スポットライトの当たり難さを考えてみました。

トップリーグではマンオブザマッチがありますが、極端に少ないというか殆ど選出されないポジションがありました。

なんとフッカーは2年連続で1名しか選ばれてません。

今年は、1節8試合×7節×2ステージで112試合ありました。その中でフッカーが選ばれたのは1回だけです。

トライしないから・・・、それでも6・7番、9番はトライしてなくても選ばれてます。

なのにフッカーは・・・。
極端に少なくて、う〜ん縁の下の力持ちです。
カワチャン
2014/02/15 16:36
 カワチャンさん、おはようございます。
 そうですか、HOのMOM少ないのですか。なんとなく、一列が少ないとは感じていましたが。なんででしょう…

 スクラムからのブレイクがいちばん遅いから、目立ち辛い…
 ひょっとして、ノットストレートで首ひねるシーンが印象ついて、失敗した人…というレッテル貼られてったりして。名選手が多いのに不思議ですね。
クラッシックラガー
2014/02/16 08:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノットストレートにペナルティ!〜白黒つける、白と黒のレフリー。 ラグビーコーチ修行中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる