ラグビーコーチ修行中

アクセスカウンタ

zoom RSS 13年の練習(22)〜ダシが決め手!?

<<   作成日時 : 2014/01/23 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「あんた、これ濃い口しょうゆ使こたんちゃうん」
薄口しょうゆを追加し、塩を大さじ一杯、みりん少々、酒少々…

朝から昆布だしとって、私なりに頑張ったんだけどねぇ。

正月はやっぱり「おぞうに」ですよね!
初蹴りだし、合同練習ダシ…
暖を取りながら練習乗り切るためにと思って作ったんすよ。

最後の味の調整を頼んだら、ピノこの奴…。
「何これっ」…って、フタ取って色見るなり、醤油の間違いを見抜き、ドバドバと追加の調味料。
初心者シェフの立場無いやんけ。


ま、概ね美味しかったようで、ナベ一杯空っぽに。
ついでに、缶詰、太地のクジラハム、佃煮を肴に…。
穴空いてますのんか?この紙パックの2gパックのお酒は。

雪がちらつく中でしたが、雑煮と熱燗で―ワイワイ―楽しいひと時でした。






さて練習。
合同練習のときは、私できるだけ仕切らないようにしています。
が、
それでも、

まぁ、最初はタッチフットなのね。
面白い?!これ。

「次ぎ何?」って聞いたら、「何でもいいですよ」って俺にふんなよ。
…て、次も決まってないんでしよ。


勝手にルールを追加しながら、ホールドフット(ハグする、タッチフットね)。
まずは、タッチでなくて、捕まえる。
次に、ゲインは5mまで…とか、ちょっとづつ様子見ながら変えるんだけどね。

これじゃ、集まらんよ。

だっていつもワンパターンで飽きるし、目的がわからんし。
   「お!上手くなってきた」。「ゲームで使えそう!」
と、感じられる一瞬を作ってあげられるメニューを作るとか色々あるでしょ。

嘆いてばかりじゃなくて、工夫しないとダメになるよ。
花園経験者なんて居ないんだから、今から上手くなるようなメニューを示さないと、若いの集まんねーよ。

と、人のチームの練習に混ざりながら、反面教師なクラの初蹴りでした。






腰の調子良かったんだけど、一昨日辺りからまた悪化。

ついに決断して、腰用のサポーター(コルセット?)を入手すべく、阪急百貨店に行って来ました。
   「こっちのと、これ、ドウ違うんですか?」
さすが、イングススタップ、的確に説明してくれるんすよ。

リニューアルして初めて行った阪急百貨店えーっすよ。



これで腰も万全になるはずだし、
来月末のゲームに向けて本気ダシて寒さフッ飛ばしましょう!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
 そうですよね〜、お正月と言えばお雑煮ですよねえ しかしお雑煮って、あんなに美味しいのにお正月以外は案外食べませんね。やっぱりお正月に食べるからこそ美味しいんでしょうか
 さて、タッチフットというとウチのスクールの指導員先生、けっこうアレルギーのある先生が多い で、メニューで使われることが少なかったんですが、最近思い切って取り入れることにしてみました。そしたら子供たちに受ける受ける あんなに楽しそうな顔を見ているとこっちまで嬉しくなるし、ついつい時間も多めにとってしまいます。タッチフットについて、クラさんの最新のご見解なぞ聞かせていただけるとありがたいっす
ウルトランナー
2014/01/26 06:33
おはようございます。
タッチ協会のルール(タッチされたらすぐにダウンボールして後ろに転がし、後から来た選手がそのボールをプレーする)と使い分けると面白いですよね。
早い展開をさせたいならタッチされたらすぐにパス、より実戦に近づけたいならタッチ協会ルールとか。
他にもやりようはいくらでもできると思うんですけど、タッチラグビーはこうやってやるもんだという固定観念を持っている人がいて。その時に合わせたルールにしても、いつの間にか元に戻されてしまう。アレルギーとか固定観念は捨ててほしいんですけどね。
さて今日の練習の後半はタグラグビーです。これもやりようでいい練習になりますね。
親父コーチ
2014/01/26 09:00
ウルさん、おはようございます。
豚汁やった事あるんですけど、初めての雑煮挑戦でしたが、味のほうは敢え無く撃沈。ピノコの舌をもって、平らげられるだけの味に仕上げてもらいました。なかなか難しいですね〜、料理。それだけに挑戦し甲斐があると言うモンでしょうか。
さて、タッチフットですが最新といえるものは全く持ち合わせてなイのですが、少し私見を入れてみましょう。まず、何のためにやるのかですけど、勝ちを視野に入れながらのゲーム性を根底に楽しみながらできるという利点を活かさないとです。また、状況にあわせたマイナールールをどのように入れるか。ここいらが、指導者の腕のみせどころなのでしょう。しかし、今回というかいつもこのチームは、体あっためるだけでしてね。抜き方も何もあったモンじゃないから、発展性がないのですよ。子供のように楽しくおっさんもやりたいですよ。
クラッシック
2014/01/26 11:19
 親コーさん、おはようございます。
今回、タッチを「ホールド」にしたんですけど、横幅も変えてみたんですよ。最初のタッチは横広、ホールドは縦横入れ替え=縦広。FWが多かったのでそのようにしたのですけど、数少ないBKがリップガット多様してました。今回の例だけ見れば、やった事無い=チャレンジ性の高いプレーを誰もがやってみたイのだと思われます。横広のタッチだと、FWとBKや、若老のミスマッチでサッサと抜いていきますから。で、ゲインを制限して、抜け切ってもどこかで止まらないといけない→防御ラインの引きなおし、フォローの重要性=攻撃の建て直しなんかも意識できるのかと…。ま、どっちにしても、それなりの人数が集まらないとできないわけでして。
みんなさ〜ぁん!健全なタッチしに、おっさんずに来て下さい〜!
クラッシックラガー
2014/01/26 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
13年の練習(22)〜ダシが決め手!? ラグビーコーチ修行中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる