ラグビーコーチ修行中

アクセスカウンタ

zoom RSS 引退

<<   作成日時 : 2013/11/16 10:59   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

遅かれ早かれ学生さんが迎える身分変化ですな。
私が応援していた選手も引退をむかえました。

   私の後輩であり、私の息子。

ラグビーのためにこの学校を選び、学年で一番にラグビー部に入部。
3年間頑張ったけど、致命的な怪我があってからちょっとリズム崩したかな。
このクラブで要求されるサイズでなかったし、決して恵まれた使われ方ではなかったね。

それでも、3年間休むことなかったよな。
たぶん、いちばん練習にいったのに評価されなかったしね。
いつも、アップを欠かさずいつでもゲームに出れるようにしてたな。

それでもめげず、心を折らず、3年間小さな身体を張った事、みんな覚えてるよ。

おそらく、もうスパイクを履く事はないかもしれない。
それでいいよ。
もう一度、毛の生えたボールぶっ叩くのもいい。

ラグビー通しては、スポーツを楽しめなかったでしょ。
そういうクラブではなかったし。

ラグビーも、それ以外のスポーツもただのスポーツ。楽しめばいいのよ。
そこでなんか学べれば、ラッキー。
大事な財産も手に入れたでしょう。

競技が上手かったかどうか、そんなもの、人を測るなものでもない。
レギュラーかどうかなんて、これからの人生に何の関係もない。
どれだけ頑張れたか、立ち向かったかが大事なのよ。

ほとんど自分より大きな選手に立ち向かった、息子。

   3年間よくやった!







うーん、
OB戦は一緒に出ようか。
ロックなお父さん、押してよ。







娘もバレー引退済み。

チームのムードメーカーとして、影でクラブを丸めていた一人だったな。
バレーの事は良く判らんけど、チーム状態は最高。
兄貴のラグビーとは違った雰囲気を作ったな。

先生に妙なあだ名ロつけたのもあなたでしたな。
最初は3年しか使わない、妙な指導だと思ったけど、違うのね。
熱意が2階席まで伝わる指導者でした。

同一学年の和の力を引き出し、それをうまく使う先生でした。

一緒に頑張った仲間、同期意識って大事なのよ。
それが使える先生と、それを使えない先生。
大きな違いをみた気がします。

あなたもクラブ活動を通じ、大きな財産得たでしょ。
次の春からは、なにするんだろ。
何するのか決めてないだろうけど、その早い足、ラグビーで使わない?





うーん、あっという間の3年間――引退。

   さびし〜!





だれかラグビーしてくれぇ〜。



                        



腰の調子がまだちょっとで、ラグビーができません。
雨も降ったり、練習できないと書かないとイケナイ意識が薄れてですね…
しかも、経路を変更し座ってばかりでなくなった、4時間近い通勤。

参ってますよ。


それでも、痛勤を少し豊かにしてくれるのが、読書。
書籍代がかさむので、再読もするのですが、最近再読で気になったのがこれ。

『スポーツルールはなぜ不公平か』 著:生島淳
3年前に読んだのね。
http://takeumako-ti.at.webry.info/201107/article_1.html

今回、発見したのが(当時何で気にならなかったのかね?図書館借だからかな)これ、
星条旗の下の愛国と平等―
   バスケットボール・マッド地帯、インディアナ州の平等主義

アメリカにおける、イコールコンディションの解釈が、学校の規模別生徒数の大小で、
チームの優劣が決まってしまう⇒高校規模別の大会開催。
  ※クラス別システムからアメリカの風土文化のようなものが見えます。
   
さて、規模別…人数が多いほうが有利という発想。
ほら、これだわ。

『運動能力の高い子供の数が多いチームが勝つ』
http://takeumako-ti.at.webry.info/201201/article_1.html


ここでも影響されてたんですね。


弱小チームが、強豪チームを倒す波乱も、スポーツの醍醐味。

 せぇ〜か〜ぃ(クロコーチ風に)。


目指せ甲子園―意気込みは判る。
この大会の成績が進路に影響するような、そんな学生生活って如何なの?
無謀なチーム編成で3年間の努力を押し殺す事って如何なの?







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
 お会いしたときは、2人とも小学生でしたね。引退(卒業?)ですか・・・。早いものですねえ こちらも歳を取るわけだ
 しかし、お二人とも、間違いなく「何か」を掴み、感じたことだと思います。スポーツには絶対にそういうがある。小学生にしてラグビーから離れようとしているウチのスクールのQ君に、なんとかそのことが伝わればいいんですが・・・。
 ところで、引退と言っても、あくまでクラブ(部活)ということですよね。ラグビー(スポーツ)そのものから離れるのはまだまだ早い 特にな娘さんは、競技人口が少なくって、始めればすぐに県代表にもなれる可能性のあるラグビーをしないはありませんね。ここは名コーチクラさんの出番ですっ さあ、今日はそちらは天気が良さそうだし、さっそく軽めのランパスから始めましょうか。楽しそうやなあ
ウルトランナー
2013/11/17 07:01
こんばんは。
今度の日曜日にイベントをするんです。
茨城県南の高校ラグビー部と土浦ラグビースクールの交流会。
参加型のイベントと言うことで、高校生同士の試合や小学生と高校生、大人のタッチラグビー、その他をします。
単なる交流じゃなくて、高校生にずっと先までのラグビー人生を見せたいんです。学校の先生にならなくても指導者の道はあるし、白髪頭だってラグビーはできる。
引退と言うとそこで思考が止まってしまうようなイメージがありますけど、人生これからが長いんですもんね。子どもさん達の未来に期待しています。

と言うのは建前で。
一生懸命にやればどんなスポーツも面白い、が私の信条。ラグビーが無理だったら違うスポーツもありますもんね。
ちなみに私はバドミントンに復帰できるように膝のリハビリを頑張っています。
あれ、ラグビーの為じゃなかったのかな
親父コーチ
2013/11/17 23:58
 ウルさん、こんばんは。
 そうですねぇ〜、まだ小学生でしたね。こないだラグビー始めてくれたと、喜んでいたら、あッちゅーまに引退。この3年弱、早いです。さらに加速したりして。
 今後の継続性ですが、上に関してはもう無理だと思います。致命的な怪我がありますので…。実はこの2年近く、毎日ひやひやしていました。本当は、レフに…と思うのですが、「○○は無理ですわ、パニリ増すから」って、頭から全否定。とても指導者の発言とは思えぬ言葉を耳にしました。
 ま、ランパスはおっさんずで時々楽しませていただこうと思ってますよ。それに、OB戦は並んでスクラム組むのが楽しみで楽しみで!結局楽しみなのですな。
クラッシックラガー
2013/11/19 20:10
親コーさん、こんばんは。
 とりあえず、節目ということで「引退」ですね。この節目を表現する言葉を知らなくて…とにかく、何かのスポーツをやって欲しくてですね。できたら娘はラグビーか、サッカー、陸上もいいなぁ。上はテニスでいいです。コンタクト系は、もう怖くてですね。祈るような気持ちで何試合観戦したことか。本人もつらかったと思います。それでも、微塵も折れずに続けた事―これがいちばんの財産だと。
 いつもながら、楽しそうな企画されますねぇ。ほんと近かったら寄せていただくのに…あ、今はまだ腰が癒えてなくて。リハビリがわりに、タッチジャッジしたら、ひどくなってしまいましました
クラッシックラガー
2013/11/19 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
引退 ラグビーコーチ修行中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる