ラグビーコーチ修行中

アクセスカウンタ

zoom RSS 行列のできぬ楕円道相談所J〜ノットストレートはペナルティ?!

<<   作成日時 : 2013/08/24 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クラさん、暑中お見舞い申し上げます。菅平楽しかったみたいですね。私も惑の大会を満喫してきました(鼻の骨折りましたけど)。久々にルールの質問です。土曜日のABvsワラビーズ、ご覧になりましたか。スクラムのノットストレートの厳格化で、1回目はFKでしたが、2回目は何とPになってました。そんな変更あったんでしょうか。ご存知なら教えて下さい。ところでそのうち河原に遊びに行きたいと思っていますのでよろしくお願いします。
2013/08/19 付け、kenさんから頂いた質問です。

   あざーっす!

開店休業…久々のシリーズ物の再開です!


  最初の質問、「ご覧になりましたか
  ⇒観ておりません…。

観てないと答えられないので探しました。
録画でしょうか、20日の火曜にABvsワラビーズがありました。

ザ・ラグビーチャンピョンシップ=シドニーで行われた開幕節=でしょうか。
レフリー=南アフリカのCraig Joubertさんで、
解説:小林深緑郎さん、村上晃一さん。実況:土居壮さんーの放送の…。

 最終スコア47−27の…。

  すみません、まず私のコメントに「南半球はまだ…」とか、大嘘でした。
  すでに導入されているのですね、すみません。


まずは―世界中が注目するゲームーこのゲームの重要性が強調されます。
そう、初の「クラウチバインドセット」+厳しくなるという「フッキング」+「ノットストレート」
を、レフリーがいかに裁くか。
  (そんなゲームを観てないなんて)

小林さんの解説に、スクラムコンテスト―IRBの思惑のお話があります。
   
   「スクラムのフッキングで、両フッカーが足でボールを奪い合う争奪を求めている

…らしいです。



ファーストスクラムは8分。
「クラウチバインドセット」+「Yes(何とか)」、と注目のコール。
豪が投入、いきなりノットストレート⇒FK。(スクラム選択)

次、24分。
ABが投入…ノットストレート⇒FK。(スクラム選択)
 
  それぞれ一回ずつと言う事で、時計を止めてキャプテンにノットストレートの注意。

 ここで解説、村上さん談:「ど真ん中に入れるのは無理
  ※村上さん世代って、真ん中に入れてフッキングしてませんでした?
    無理なのは、今の世代選手って事ですよね。



さて、66分が問題のPとなるスクラム。
ABが投入、ノットストレート⇒PK

 え?!

レフリーは指をちょきにして「セカンドタイム」と言っているのが、聞こえます。

 え?!

さらに、70分。
豪の投入、ノットストレート⇒PK
これも、まっすぐ入らず―レフリーが指をまたちょきにして「セカンドタイム」。


 え!!




聞いてないよ〜!!




これが基準になるのかもしれません。
ノットストレートはあくまでも、FKです

Law20条
(d)中央の線に沿いまっすぐに、最も近いプロップの肩の幅を越えた地点において先ず地面に触れるよう投入する。
罰:フリーキック



  PKとなったのは、おそらく、この項目が該当したのでしょう。

Law10条
(a) 反則の繰り返し: いずれのプレーヤーも、競技規則のいずれにも繰り返し違反してはならない。反則を繰り返す場合には、繰り返す事実が問題であり、反則を意図しているかどうかは問題ではない。


コーションもあり、それぞれ繰り返した。
それも、真っ直ぐ入れるという、難しくもないことで…。
   ※繰り返しは2回目からPK等という、回数規定はLawもありません。
  
  さらに、両チームFKからスクラムを選択した点が気になります。
  真っ直ぐ入れない⇒またスクラム⇒またノットストレート…
  ならば、ゲームにスピード感を持たせるためにPFで動かそう…と言うゲームマネジメント。


単にFK反則の繰り返しで、PKまで発展するとは思えませんが―
 ・今年注目のプレーである。
 ・IRBの意向。
この辺りから判断され、2回目でPKとなったのであると思います。





私見ですが―このままでは、スクラムは成り立たないでしょう。
面白くないし、解り難い。

フッカーにフッキング(を訓練するよう)でコンテストを求める、IRBの指針なのかもしれません。
  ※ガツンとでなくなった、スクラムエンゲージの代わりに、フッキングでコンテストさせたいのかな?

実際、ヤンボーを掻くフッキングは面白いですよ。
30年ぶりの…に登場する、同輩のフッカーは身体を斜めにして、いつでもヤンボーに足が出せます。
マイボーもばっちりフッキングができます。

   そんな練習を、ハーフとあわせて居残り練習してましたから。


フッキングの訓練をしなおすか、IRBが懐柔するか。
日本でどのよううに捌くか、どのカテゴリまで適応するか、レフの判断とともに、
今しばらく推移を見守りたいと思います。

 
 そ!来週トップリーグも開幕しますから!
 ファーストスクラムを捌く、レフリーにフッカーとスクラムハーフに注目!!



ちょっと、あやふやな回答ですが、現時点の回答と言う事でお願いします。




最後に―今回の質問のお返事補足

私が今回のスクラムコール変更の講習会を受けたと時に聞いた事を、補足させてください。  
厳しくなるのは、ノットストレートだけではないと言う事です。

   注目するのが―
    ・全てのクオリティを上げる
    ・タックラー
    ・モール
    ・アシストタックラー
    ・キックしたチームの前にいたオフサイドプレヤー
  
特に、「スクラム」「フェアコンテスト」「ファウルプレー」だと、伺った様に記憶しています。

 「スクラム」と「フェアコンテスト」の二つに該当するのか、フッキング=ノットストレートなのかもしれません。 





ルール変更がなかった今年、全てのルールに対して、選手に対し―高いクオリティでLaw―
ラグビーをプレーする事が求められます。

選手・レフリーのみなさん、楽しんでプレーし、観ている人にその楽しさと感動を届けましょう!




  あ、Kenさん、河原でお待ちしていますよ!










行列のできぬ楕円道相談所I〜ボールの返品・交換は出来ません。店主敬白。」以来、2年ぶりのシリーズですな。
このシリーズは、皆様の疑問さえあればいつまでも、いい加減に答えを、適当に書きますので終わりがないんですねぇ〜。ま、適当なのがこのブログでもあるんですけど、それなりに書いています。

素朴な疑問、鋭い質問、日頃から判らないが誰にも聞けない悩みなど。
     あなたの「わからん!」に無責任に回答していきます。どしどし、ご質問ください。

…という、主旨ではじめたシリーズ。

頂いた、質問が私の勉強になります。
また宜しくお願いします!


いやーホント勉強になったぁ〜。
やっぱり、幅広く数多く観ないといけませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行列のできぬ楕円道相談所J〜ノットストレートはペナルティ?! ラグビーコーチ修行中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる