ラグビーコーチ修行中

アクセスカウンタ

zoom RSS 13年スクラムの試験的ルール=触らず『バインド』〜厳格に依る堕落?

<<   作成日時 : 2013/06/01 09:18   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

試験に落第!ざんね〜ん。
これはどうかなぁ〜。こうしてみようか。の試験的Elvs。
結局、試験的採用のあの掛け声が変わります。

新しい掛け声は、こちら。

   『クラウチ』 『バインド』 『セット』
           の、三段階。
  
  12年「たっち」 ⇒ 13年『バインド』 です。

触るんじゃねぇ〜来るなら掴めぇ〜。っす

何で変えるのかというと、ヒットの衝撃を緩和=安全性向上の為。


触って、離れる、んじゃなくて、『バインド』(=結束する)。
だから、向かい合うフロントの選手は、これまでより近くなるのね。

『クラウチ』=屈んだ状態で、相手を掴む※↓んだから手が短い選手は届かんかも…

  おそらく、側頭部が触れ合うほど。頭が相手の肩にあたるかも。
  フッカーはそれぞれの足が触れるほど近くなる。

安全のため、長くプレーするため、
 だそうです。ので、アカパンキイパン目指して、嫌がらずにやってくださいね。
  こう考えると、惑への思いやり一杯の試験的ルールの導入ですな。


あ、ちなみに、「バインド」も試験的導入です。
 
この賭け掛声で、戸惑いが安全性を損なうなら、不合格かもしれません。
意図する―ヒット速度の低減が、ラグビーらしさをスポイルするなら、落第かもしれません。



この『バインド』、掴む位置※↑が決まっています。

 掴んでいいのは、相手ジャージの
  
   「背中」
   「脇」 
     だそうです。

英語で言うと、back・sideですので、「脇」=毛の生えてる場所、『腋』とは違うようですよ。
   言葉では判らないので注意が必要(漢字にすると「脇」であって「腋」では無い)。
 ※Pマークの選手から「腋毛が無くなった」と、労災申請来ないようになっておりますです、はい。…嘘です。

お腹も背中も丸い=メタボ体型の皆さんには判り辛い場所ですが、身体の側面ですな。


掴んでいい場所を指定しているのですから、そこ以外はアカンのでしょうけど…

  説明があったので…ついでに、掴んだらアカンとこ書いときましょうか。

   「胸」「腕」「袖」「襟」  

  胸 グラ掴んだら喧嘩の前触れ。
  腕 組んだら、楕円戦士嫌疑の薔薇族を疑われる。
  袖 の下は金が掛かる。
  襟 は最近ついてないジャージが多い。
 
書かんでもイワンでも、わーっとるわ!
 かくんやったっら、ストッキングもパンツも、
  ついでに中身の「金」も書いとけ、つーの!


   はい、冷静に。
    ※湯気だけど、冷に。

今年変わるのは、このスクラムのコールだけらしいです。

だから、今年は前年から、いやいやエリス少年がボールを持って走り始めた時から脈々と続き、
築き上げたLowを、より厳格に守る必要があります。

一例は、スクラムのノットストレートらしいです。
   まっすぐ入れてください。   …ふぅ。


先週、この説明をうかがいました。IRBから発表されたそうですが、Jの協会からはまだだそうで、情報が非常に少ないそうです。そんな中、講義してくださった先生、主催の皆様、ありがとうございます。きっと、こういう取り組みが無くて私のこの記事で知ったり、ラグマガで知ったりするレフリーもいらっしゃるかも知れません。そう考えると、本当にありがたいです。感謝!



久々長くて、ウォーターブレイク。
   ※コーヒーなのに、ウオーター。

 「スクラムコールの変遷」08年の記事から読み取れるのは
 クラウチ⇒タッチ⇒ホールド⇒エンゲージだったのが、
 クラウチ⇒タッチ⇒ポーズ⇒エンゲージにかわったのね。
 http://takeumako-ti.at.webry.info/200811/article_6.html?pc=on

そして、12年に=クラウチ⇒タッチ⇒セット
 http://takeumako-ti.at.webry.info/201207/article_2.html

モット前には、クラウチとホールドの間に『&』が入った事もあったなぁ。





先週説明会後すぐに記事にしとけば、パクリ疑わずに済んだのに…
この変遷が特にラグマガのパクりのようになっちゃった。

  説明会開催していただいた、内容込みコミでラグマガに詳しく載ってます。
  地元協会からの説明を経て、降りてくる情報待ってられんでしょ?!

そんなあなた!

    詳しくは、ラグマガで!




試験…私見ですが、このバインド変えた方がいいんじゃネイ。
バインドって、距離を取るだけなら掴まなくて良いはづ。

組んだときに掴む位置にテを置いて、相手ジャージ掴む=コブシ握らないほうがいいのかと。
だって、掴んだら押したり引いたり、妙な駆け引き出るじゃない。

   無用な諍いのモト、排除しときませんか。



では、後半。

老子にこんな言葉あるのね、こないだ知った。

  其の政悶々たれば、其の民は淳々たり。
  其の政察々たれば、其の民は欠々たり。


 さまざまな解釈がありますが、
  私なりに、わかりやすい解釈の記事発見、勝手ながら貼らせてもらいます。
    http://home.att.ne.jp/wave/ayumi/Lao/058.htm


ま、色々読み方感じ方はあるけど、私なりの解釈はこんなのかな。
 国が緩やかであれば、民は自ら人間らしく正しい道探し歩む。 
 国が締め付ければ、民は狡賢く裏街道を探してしまう。




政をラグビーのLowとかレフリーに、民を選手に置き換え私なりに記しましょう。

  レフリーがアホやったら、選手は自ら原則を探し楕円道を探る。
  レフリーがカシコすぎたら、選手は規則の裏道を探し、見えない場所で反則をする。

見えなくなると、TMO?ARの導入?うーん。


悶々淳々
察々欠々
  再び。

一見、ほわっとした嫁に、よく働く夫。
財布の紐の硬い嫁に、遊び人の夫。


  嫁が脳天気だったら、旦那はしっかりする。
  嫁が恐妻で細かいと、旦那は浮気する。 逆も然り。




  悶悶淳淳
  察察欠欠



さて、『クラウチ』『バインド』『セット』
  笛吹ける場所を求めて歩こうか。

















歩くな、ちょっと走れ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
プロップじゃないんで分かりませんけど。
かなり組み辛くないですかね。だいたい日本人、腕短いし。脇に届かなくて腕つかんだら反則になっちゃうし。脇と腕の境目ってどこ
早いうちに対策に取り組んで、組み際の駆け引きに勝てるようになったら、スクラムで多少は有利になりますよね。
それにしても。
いらぬことをする輩が世界的に多いから変わるのか、スクラムでの事故が多いから変わるのか。下々には良く分かりません
親父コーチ
2013/06/04 10:30
 親コーさん、おはようございます。
 何で、こんなにしょっちゅう変えるんでしょうかね。ま、こうなりゃ毎年変えて、適応力養うとか…。ラインアウトを投入権がある側が投げ入れるように、スクラムもボールイン前に投入権側が安全に公平に組ませるコールをする。合わないようなコールをしたときだけ、KFに…。という、選手主体にもどせばどうでしょうかね。レフリーが釈迦力になって、ルールオタクな連中が蠢く面倒くさいラグビーいらないと思うのですけど。結局選手の自主性を引き出せてない。…プロが居るから仕方ないのでしょうかね。
 ちなみに、私はフロント狙っていますので人事でない…あ、そもももレフリーだから。
クラッシックラガー
2013/06/05 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
13年スクラムの試験的ルール=触らず『バインド』〜厳格に依る堕落? ラグビーコーチ修行中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる